IT、デジタル化、AI、ロボット

このブログでは、人と仕事のかかわり方について書きたいと思う。

いま、IT(情報技術)が隆盛を極め、デジタル化の必要性が叫ばれている。
AI(人工知能)やロボットはますます私たちの身近な存在になりつつある。

このような流れのいきつくところはどこになるのか。
あらゆる分野で、自動化や無人化が進む社会は人に繁栄をもたらすのだろうか。

自動化や無人化が繁栄をもたらすとしても、それが画一的な世界ならば、人類に究極の繁栄をもたらすことはないように思う。
なぜなら、人間を取り巻く環境は常に変化し、人間自身も文化的に進化することで、異なる願望や欲望を持つようになるからである。
したがって、一度出来上がった繁栄のシステムは絶え間なく更新され続ける必要がある。

そのようなシステムの更新は、人間の手によるものとならざるを得ない。

そう考えると、これからの人類は、自動化、機械化によって、つらい仕事からは解放されて余暇を楽しむことができる一方で、そのシステムを更新する、つまり社会をより良くする仕事に従事しその仕事も楽しむという、究極、2つの楽しみを手にすることができるようになると思う。

よりよい人と仕事の関係、ヒントは現場に

そのためには、人と仕事の関係がより建設的で健全なものになっていく必要があるが、そのヒントは現場にある。

有名なヘンリー・フォード1世が発明した自動車の大量生産システムは、非人間的なものの代表のように言われる。
しかし、ヘンリー・フォード1世自身は多くの著作の中で、組織のあり方や仕事のやり方の改善によって社会の繁栄がもたらされると考えた。

彼は著書の中で、以下のように述べている(ヘンリー・フォードの軌跡、ヘンリーフォード著、豊土栄訳、創英社/三省堂書店、第8章事業の成長、より)

■ 繁栄は、言葉ではなく働くことによってのみ達成される■■■

(省略)労働問題の多くは、(中略)どうすれば仕事ができるかについて答えられる人間によってのみ解決できるということだ。(中略)しかし工場のことは何も知らない人、バランス・シートだけに興味ある人、そして配当が主な製品と考える人、このような人によって経営が行われるとき、問題や困難が生じるのだ。

別の言葉で言い表すならば、現場視点こそが、働くということ、つまり人が仕事をすることについての問題を解決できる、ということだろう。ちなみに、彼の著述において、動力ということばをITに、機械という言葉をAIに置き換えると、彼の主張の現代的な意味が直接的にわかる気がしてくる。

書いてみたいこと

このブログでは、現代社会で働くことに関連して展開されているテーマ(理論、概念、定説など)を、現場そしてデジタルという二つの視点で振り返りながら、最終的に、ビジョンに向けて組織を導く経営手法について見通し(パースペクティブ)を得たいと思う。

扱ってみたいテーマとして、

  1. DX(デジタルトランスフォーメーション)
  2. 働き方改革
  3. 日本の生産性とその低迷
  4. 知識創造企業としての日本企業
  5. 日本企業に何か起きたのか、あるいは、起きていないのか
  6. トヨタ生産方式
  7. サービス化とソフト化
  8. 人と仕事の管理手法(プロジェクト管理、ワークフロー管理、タスク管理、タイム管理)
  9. 人と仕事についてのパースペクティブ

などを考えている。

(依田)